やんばる野草の宿

きれいな川が流れるやんばるの森の中に「やんばる野草の宿」がオープンしました。


◎やんばる野草の宿 宿泊料金(税込)

一棟一名利用 15000円
一棟二名利用 8500円(一人あたり)
一棟三名以上利用 7000円(一人あたり)

子ども料金
6〜12才(小学生) 5000円
3〜5才 3000円
0〜2才 0円

◎チェックインに関して
チェックイン 16:00〜19:00
チェックアウト 11:00

16時前でも先にお荷物を置かれて周囲を散策していただくことは可能です。
宿の周囲は人工的な灯りなどがない場所にありますので、日が沈む前のチェックインをお勧めいたします。那覇空港から車で2〜3時間になります。

場所はグーグルマップにて「やんばる野草の宿」で検索出来ます。

この矢印の辺りに駐車してお電話下さい。
090-6162-8385(森岡)

宿は川を渡った所にあります。徒歩2分程ですが、お荷物が多い場合はこちらの車にてお送りいたします。レンタカーなどは傷をつける恐れがありますので、川を渡ることはお勧めできません。

◎アメニティー
バスタオル、フェイスタオル、ドライヤー、綿棒、歯ブラシもありますがゴミ削減のため普段使われているものをなるべくお持ち下さい。

キッチン用品一式、、トースター、基本調味料、コーヒー、ハーブティー、ほうじ茶など。 BBQコンロもあります。BBQセットは名護市の我那覇ミートで購入すると便利です。
https://www.ganaha-meat.co.jp/bbq

BBQコンロ貸し出し(炭付き)
2名様まで2000円
3名様以上3000円
食器、プラスチック食器はありますが、使い捨て食器(紙皿、割り箸、紙コップなど)をご利用されたい場合は各自ご準備をお願いいたします。

その他、救急セット、懐中電灯、トランプ、琉球かるた、などがあります。

◎朝食について
朝食ご希望の方には一食1500円にて提供させていただております。ご希望の際は3日前までにご予約お願いいたします。

野草ボロボロジューシー(自家製無農薬玄米粥)
かくや(ぬか漬けの古漬け 自家製無農薬米ぬか使用)
あんだんすー(油味噌 自家製玄米麹味噌使用)
手作り梅干し(沖縄県産梅使用)又はローゼルの塩漬け
食べる酵素(青パパイヤ、シークヮーサー、ビーツなど)

基本的に野菜と米は自家製無農薬のものを使用していますが、季節により全て自家製のもので賄えないこともあります。ご了承下さい。

◎朝ヨガ

チャイ付き3000円

川のせせらぎ、鳥のさえずり、朝の森の中で深い呼吸とともに身体をゆっくり動かします。自分は体が硬い、と思っている方にもオススメです。

時間帯はご希望に合わせて行います。所要時間、約1時間。

朝食の次に

朝ヨガ
チャイ付き3000円

川のせせらぎ、鳥のさえずり、朝の森の中で深い呼吸とともに身体をゆっくり動かします。

自分は体が硬い、と思っている方にもオススメです。

時間帯はご希望に合わせて行います。所要時間、約1時間。



◎キャンセルについて

お客様のご都合によるキャンセルには、ご宿泊料金に対して以下の割合のキャンセル料がかかりますので予めご了承ください。キャンセルの受付は、宿泊7日前まではお電話、またはメールにて承ります。また、宿泊6日前から当日までは、電話のみの受付とさせて頂いております。

当日のキャンセル/宿泊料金の100%

3日前からのキャンセル/宿泊料金の100%

14日前からのキャンセル/宿泊料金の50%

21日前からのキャンセル/宿泊料金の20%

上記は宿泊日の変更の場合にも、同様に適用されます。
なお、台風などの自然災害による飛行機や船の欠航の場合はキャンセル料は発生しません。

***野草の宿 諸注意***

◎キッチン
油汚れ等はお湯で洗ってみて下さい。(給湯器スイッチは冷蔵庫横にあります)
それでも落ちないときは洗剤で(シンク下にあります)。
ベッド横のガラス戸から出て右側のスペースに新聞紙がありますので、油汚れなどを拭き取る際にご利用下さい。
シンク周りは、使用後なるべくタオルやふきんで水気を拭き取って下さい。
生ゴミは青い蓋付ホーロー容器に入れて下さい。

◎バスルーム

給湯器スイッチは冷蔵庫横にあります。 
シャンプー、ボディソープの代わりに、自然塩とハーブビネガーを置いています。

*塩浴について
皮脂腺から余分な皮脂を「浸透圧」で分離。そのときに肌内部の汚れも一緒にデトックスされると言われています。

*塩浴のやり方
1.半身浴で身体を温める
2.洗面器に1〜2つかみ塩を入れ飽和食塩水(溶けきらない塩が残る状態)を作る。
濃い食塩水で全身ゆっくりマッサージしているとヌルヌルした感じになることがあります。塩で直接肌を擦ると、塩の粒で肌を傷つけることがありますのでご注意ください。
3.洗い流す
4.再度入浴(省略可)
5.冷水シャワー新しく分泌された皮脂を冷やし固め、皮膚に定着させます。入浴後、皮脂が体温で徐々に溶け、天然の保湿剤として働いてくれます。寒い季節はぬるま湯でもOK寒い日は、手足と顔だけでも冷水をかけることで湯冷めを防ぐことが出来ます。

養毛効果もあるとされるローズマリーヴィネガーもお試し下さい。約20倍にお湯で薄めて洗髪します。最後は洗い流します。

普段お使いのシャンプーなどを持ち込まれる場合は周囲の自然環境に配慮されたものであると有り難い、と生きものたちが言ってます^_^

蓮池の蓮の花が咲いてる時間帯は、蓮の花を摘んでお風呂に浮かべるのもおすすめです。素敵な香りがしますよ。

◎洗濯機と掃除道具
ベッド横のベランダにあります。
洗濯には、洗剤いらずのマグネシウムが入った「ランドリーマグちゃん」をお使い下さい。汚れが強い時はセスキ炭酸ソーダを付属のスプーン一杯ほど加えて下さい。
場所柄、ヤールー(家守ヤモリ)の糞などがよく落ちますので掃除されたい方はほうき、ちりとりなどお使い下さい。

◎カビ対策
やんばるは高温多湿のためカビが生えやすい環境です。浴室使用後は窓を開けるか換気扇を回して下さい。(スイッチは洗面台右横)
また、タオルなどがびしょ濡れの場合は、そのまま放置せずにベランダの洗濯ロープにかけていただきたいと思います。特に夏場はカビやすいのでご自身の洗濯物も含めお気をつけ下さい。

◎ハブ
誤って踏み付けたりしない限り噛まれる事はありませんが、常に足元には気を配って下さい。
ハブを見つけたら絶対に近づかず、その場から離れてください。(車輌等で轢いてしまった場合も、確認のために車から降りたりしないで下さい。降りたときに咬傷事故に遭うケースもあります。)
万が一噛まれた場合はベッド側のデスク足元にある吸引器で吸引し119番に電話し救急車を呼んで下さい。
以下、沖縄県で公表している「ハブに噛まれた時」より
1.まず,あわてずに,ハブかどうかを確かめます.
 ヘビの種類が分からなくても,ハブなら牙のあとが普通2本(1本あるいは3,4本の時も)あり,数分で腫れてきてすごく痛みます.
2.ハブの可能性があったら,助けをよびます.
 走ると毒の回りが早くなるので,車で病院に運んでもらうか,ゆっくり歩いて行きます.
3.傷口(牙のあと)から血と一緒に毒を吸い出します(この吸い出し処置は将来不採用になる可能性あり).
 専用の吸引器が無い場合は,口で吸い出してください(受傷後5分以内が有効).口の中に傷があっても,心配いりません.また毒は飲み込んでも,胃の中で分解されるので害はありません.
4.病院まで時間がかかる場合は,指が一本通る程度にゆるく縛ります.
 血の流れを減らす程度に縛ります.強く縛ると血流が止まり,逆効果になることもあります.縛った後は,15分に1回はゆるめます.

◎ヌカガ
春から秋の間の暖かく湿度のある日などに現れます。初めて刺された時は1週間近く痒みが続きます。発生する時は大量なので要注意です。
夜行性で電気の明かりに集まってきます。
網戸も通り抜ける大きさなのでガラス戸を閉めて照明は最小限で。蚊取り線香を何本か同時に炊くと効果的です。野外専用の「森林香」も効果があります。(蚊取り線香はガス台下にあります)野外では肌の露出部を少なくして下さい。

***高江アクティビティ、観光案内など***

ベッド近くのデスクの引き出しには各種フライヤー、チラシ、ショップカード、観光案内などが入っています。高江には、HIRO COFFEE FARM、紅型が体験できる紅型の染屋、乗馬体験ができるホースパークがあります。


◎販売コーナー
玄関から入ってすぐ右手のガラスのテーブルの上には、
やんばるの植物の力をそのまま感じられる商品の販売コーナーがあります。

*やんばる野草酵素シロップ
宿の周囲に自生する野草で作られた酵素シロップです。
植物のエネルギーが高い満月の頃に仕込んでいます。デトックス、免疫力UP、整腸作用などが期待出来ます。

*suigenミスト
やんばるの月桃、
レモングラスの芳香蒸留水に上質なエッセンシャルオイルをブレン
ド。深いところに届く香りです。お仕事中、就寝前、疲れた時など、あらゆるシーンで植物の香りに助けられます。
ベッドサイドや洗面所などにも置いています。
どうぞお試し下さい。

ポストカードと切手も販売しています。
手紙を書いてみてはいかがでしょうか?
ポストカードと切手の代金は備え付けの箱にお願いします。
ポストは山の駅高江共同売店(閉店中)の前にあります。
その他の商品は、直接お支払いをお願いします。

◎買いもの
東村にはスーパー、コンビニ等はありません。必要なものは名護(高速の終点、宿まで約一時間)であらかじめ買っておく、又は地域の交流の場でもある共同売店と呼ばれる日用品を扱う売店もぜひご利用下さい。
高江共同売店は閉店中です。
一番近くの共同売店は、魚泊(イユドマリ)売店です。車で県道を高江から南に約10分程です。営業時間8:00〜19:00

◎米軍ヘリ
美しいこのやんばるの森は残念なことに広大な米軍の演習場となっています。アメリカ本土、諸外国では民間地での訓練は禁止されているにもかかわらず、ここ沖縄では住宅や学校の上も日常的に戦闘機が飛び交っています。
この場所でも、日によってはオスプレイなどの米軍機が騒音を撒き散らすこともあります。
圧倒的な美しさを誇る自然とのコントラストを目の当たりにすることで、この現実への考えも深まるかもしれません。

◎高江の歴史からやんばる野草の宿まで
この場所は約60年ほど前までは高江の人々の生活の場でした。
田んぼがあり、畑があり、住居もいくつかありました。大雨で増水した日は、川を渡れず学校がお休みとなっていたそうです。やんばる船と呼ばれる船で交易をしていました。
米軍が練習のため道路を作り、車社会となるまではここ新川川沿いに家が点在し人々の暮らしがありました。
その頃は楠などの木を切り出して中南部へ送っていたそうです。戦後の復興に利用されていました。伐採されず残った楠の御神木がすぐ上流の、むいの宿さんの前に2本あります。
そんな高江の人々の暮らしが息づいていたこの場所を、また再び人々の集まる場所とし、 かつてのような人と自然との関係を、人と人との関係を、人と全ての生きものたちとの関係を取り戻すきっかけになることを祈って、やんばる野草の宿はオープンしました。